トップインタビュー

株式会社トスコはこんな会社です

TOSCO_picture 株式会社トスコ                    
代表取締役 橋本 明三氏

■経営者として、大切にしていることは何ですか

『人財育成と組織の活性化』

コンピューターシステムの開発の多くは人の手作業によるものです。
お客様のご要望をしっかり理解し、ベストな提案をしなければなりません。
個として、優秀なSEが何人いる、スーパープログラマが何人いるといった、
個人の力量だけに頼らないチームでのスキルアップが大事と考えています。
そのためには、人財育成、組織の活性化が重要だと考えています。
技術を持った社員、それを活かす企業風土が我々の宝物です。
ですから我社では、経営が苦しい時にもリストラをしたことがありません。

 

■普段から社員に伝えていることは

『利用者の立場に立ったモノづくり』

いまやITと我々の暮らしは切っても切れない関係にあります。
ソフトウェア会社として、社会に何が貢献できるかを絶えず考えていく必要があります。
それには安心・安全・便利、かつお客様にとって最適なシステム、つまり利用者の立場に
立ったモノづくりをすることを常に意識するよう伝えています。

 

■自社の将来ビジョンと、そこに向けての戦略を教えて下さい

『世界への事業拡大に向けた情報収集と人材のグローバル化』

我々の業界でもグローバル化が進んで来ています。
今後は東南アジアや中国など、海外のシステム開発会社との価格競争を避けることが
出来なくなるでしょう。
グローバル化の流れに対応するため現在は外国人採用に積極的に取り組んでいて、
近い将来は海外拠点を設置したいと考えています。
また、トレンドとなる技術要素などに常にアンテナを張り、情報収集に努めていくことも肝要です。
好不況にかかわらず、IT業界は日進月歩で常に変化しています。
世界の動きを読み取り、好機を逃さず事業の拡大に向けて挑戦していきたいと考えています。

 

■社是はありますか

『調和・努力・安定』+『挑戦・活力』

当社では社員が安心して働ける環境づくりを第一に、「調和・努力・安定」を
社是として継承して参りました。
近年これに「挑戦・活力」という新たなキーワードを2つ加えました。
他社に先駆け新しいものにチャレンジするとともに、時代の変革に強い組織づくりを
目指しています。

 

■仕事を離れたときは何をしていますか

『少年ソフトボールの指導』

週末は、スポーツ少年団でソフトボールの指導を行っています。
結構強豪チームで毎年のように全国大会へ出場しています。
社員同様、子供達が頼もしく育っていく姿を眼のあたりにする喜びは格別です。

 

~インタビュー後記~
「人」を軸にグローバル化を進められている橋本社長。
人材を育て、活かす社風だからこそ、機を見て海外へ漕ぎ出す活力が育まれているのだ、
と感じられました。
お忙しい中ご協力頂きありがとうございました。

 

<HOMEへ戻る

< トップインタビュー一覧へ